ソフトバンク光

ソフトバンク光(光BBユニット)でIPv6を使うための設定方法を画像付きで解説

ソフトバンク光でIPv6を使う設定方法を画像付きで解説|一戸建て・マンション共通

ソフトバンク光でIPv6(IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4)を使うためには、光BBユニットが必要です。

ソフトバンク光の光BBユニット

光BBユニット

光BBユニットとは

ソフトバンク光専用の白いルーターのこと。月額513円でレンタルすることができる。

無線機能を付けると月額1,602円になるが、ソフトバンクもしくはワイモバイルユーザーであれば月額550円で可能。

光BBユニットをNTTの機器(ONU)と接続することで、IPv6によるインターネットが可能になります。

ただし、ひかり電話の契約がある人はNTTの機器(HGW)の設定を変更しないとIPv6が使えないのです。

ここでは、ソフトバンク光でIPv6を使うための設定方法を画像付きで解説します。

専門用語がいくつか出てきますが、画像を見ながら操作していけば設定自体は難しくありません。

注意

設定方法を誤るとインターネットができなくなる可能性があります。

不安な人はソフトバンクの訪問サポート(有料)を利用することをおすすめします。

訪問サポート「光セットアップサポート」の申し込み:0800-111-2009

利用状況によって設定方法と手順が異なります。該当する状況をお選びください。

コラボ光とは

NTTのフレッツ光を利用した光回線の総称。ドコモ光、OCN光、ビッグローブ光などがある。auひかりはコラボ光ではない。

光BBユニットの申し込みがまだの方は、下記ソフトバンク公式サイトからお申し込みください。

光BBユニットを申し込む

フレッツ光・コラボ光からの乗り換え、もしくはソフトバンク光ユーザーが光BBユニットを追加した場合

フレッツ光・コラボ光からの乗り換え、もしくはソフトバンク光ユーザーが光BBユニットを追加した場合

フレッツ光やコラボ光からソフトバンク光に乗り換えた場合、もしくはソフトバンク光を契約中の方が光BBユニットを追加した場合におけるIPv6の設定方法を解説します。

ひかり電話(固定電話)の契約があるかないかによって設定方法が異なりますので、ひかり電話の契約がない人は<ひかり電話(固定電話)の契約がない場合>をご確認ください。

IPv6設定手順:ひかり電話(固定電話)の契約がある場合

VDSLモデム、HGW、無線ルーター、電話機

ひかり電話(固定電話)の契約がある場合は、以下の手順でIPv6の設定を行います。

IPv6の設定手順

  1. 現状の確認
  2. ブラウザを開いて「ntt.setup/」にアクセスする
  3. 「user/user」でログインする
  4. HGW内の設定を変更する
  5. HGWと光BBユニットを接続する
  6. IPv6で接続できているかチェックする

手順1 現状の確認

まずは現状の確認から行います。

フレッツ光やコラボ光からの乗り換え、もしくは既にソフトバンク光を契約中の方であれば、以下のいずれかの機器が自宅に設置されているはずです。

  • HGW+無線ルーター(もしくは無線LANカード)
  • VDSLモデム+HGW+無線ルーター(もしくは無線LANカード)

※レンタルしていた無線ルーターを返却してしまった場合は、HGWもしくはVDSLモデム+HGWしか設置されていません。

これまで有線(LANケーブル)でインターネットを使ってきた方や、無線ルーターもしくは無線LANカードが付いていない場合は、IPv6の設定にパソコンとLANケーブルが必要になります。

手順2 ブラウザを開いて「ntt.setup/」にアクセスする

ブラウザを開いて「ntt.setup/」にアクセスする

スマホもしくはパソコンをインターネットにつないだ状態でブラウザ(グーグルクロームやエッジなど)を開き、アドレスバーに「ntt.setup/」と打ち込みます。

手順3 「user/user」でログインする

「user/user」でログインする

ログインページに切り替わるので、ユーザー名とパスワードそれぞれ「user」と入力してログインをクリックします。

パスワードをuser以外で設定している人は任意のパスワードを入力してログインしてください。

パスワードがわからない場合はHGWを初期化して<ブラウザを開いて「ntt.setup/」にアクセスする>から続きの作業を行ってください。

注意

ひかり電話の電話番号が2番号以上あり、なおかつ鳴り分け設定をしている場合、HGWを初期化すると鳴り分け設定がリセットされます。

手順4 HGW内の設定を変更する

HGW内の設定を変更する

HGWの設定ページにアクセスできたら、以下3つの設定を変更します。

3つの変更箇所

  • 接続先設定(IPv4 PPPoE)
  • 接続先設定(IPv6 PPPoE)
  • IPv6パケットフィルタ設定(IPoE)
変更箇所1 接続先設定(IPv4 PPPoE)

接続先設定(IPv4 PPPoE)の内容を変更する

「状態」が「接続中」になっている行の「接続/切断」の「切断」をクリックします。

接続先設定(IPv4 PPPoE)の内容を変更する

「OK」をクリックします。

接続先設定(IPv4 PPPoE)の内容を変更する

「接続可」のチェックマークを外して「設定」をクリックします。

接続先設定(IPv4 PPPoE)の内容を変更する

「OK」をクリックすれば完了です。

変更箇所2 接続先設定(IPv6 PPPoE)

接続先設定(IPv6 PPPoE)の設定内容を変更する

左のメニューから「接続先設定(IPv6 PPPoE)」をクリックします。

接続先設定(IPv6 PPPoE)の設定内容を変更する

「状態」が「待機中」になっていることを確認して「切断・停止」をクリックします。

接続先設定(IPv6 PPPoE)の設定内容を変更する

「OK」をクリックすれば完了です。

変更箇所3 IPv6パケットフィルタ設定(IPoE)

IPv6パケットフィルタ設定(IPoE)の設定内容を変更する

左のメニューから「詳細設定」をクリックして開き、「IPv6パケットフィルタ設定(IPoE)」をクリックします。

「詳細設定」の中に「IPv6パケットフィルタ設定(IPoE)」がない場合は「セキュリティ設定」の中にあります。

IPv6パケットフィルタ設定(IPoE)の設定内容を変更する

「IPv6ファイアウォール機能」の「無効」にチェックを入れてから「設定」をクリックします。

IPv6パケットフィルタ設定(IPoE)の設定内容を変更する

「上記内容に同意する」にチェックを入れて「承諾」をクリックします。

IPv6パケットフィルタ設定(IPoE)の設定内容を変更する

「OK」をクリックします。

以上でHGWの設定は全て完了となりますので、画面を閉じてください。

手順5 HGWと光BBユニットを接続する

HGWと光BBユニットをLANケーブルで接続したら、光BBユニットの電源アダプタをコンセントに差し込みます。

電源が立ち上がるまで1~2分待ちましょう。

手順6 IPv6で接続できているかチェックする

光BBユニット表面のランプが点灯したら、パソコンやスマホをLANケーブルかWi-Fiで接続してください。

光BBユニットとWi-Fiで接続するためのSSIDとパスワードは、本体下部に記載されています。

光BBユニットのSSIDとパスワード

光BBユニットのSSIDとパスワード例

IPv6で接続ができているかどうか確認をするために、以下2つのサイトにアクセスしましょう。

ソフトバンクIPv6確認サイト

あなたの IPv6 をテストしましょう。

IPv6での接続ができている場合は、以下のように表示されます。

ソフトバンクのIPv6接続確認サイト

ソフトバンクのIPv6接続確認サイトにてIPv6で接続ができている場合

IPv6接続確認サイト

IPv6接続確認サイトにてIPv6で接続ができている場合

IPv6での接続ができていることが確認できたら、インターネットの速度を測ってみましょう。

速度の計測結果が50Mbps以下の場合は、何かしら速度を遅くしている原因があります

ソフトバンク光が遅い原因と対処法」をご確認ください。

IPv6設定手順:ひかり電話(固定電話)の契約がない場合

ひかり電話(固定電話)の契約がない場合は、以下の手順でIPv6の設定を行います。

IPv6の設定手順

  1. 現状の確認
  2. ONUもしくはVDSLモデムと光BBユニットを接続する
  3. IPv6で接続できているかチェックする

手順1 現状の確認

まずは現状の確認から行います。

フレッツ光やコラボ光からの乗り換え、もしくは既にソフトバンク光を契約中の方であれば、以下のいずれかの機器が自宅に設置されているはずです。

  • ONU+無線ルーター(もしくは無線LANカード)
  • VDSLモデム+無線ルーター(もしくは無線LANカード)

※レンタルしていた無線ルーターを返却してしまった場合は、ONUもしくはVDSLモデムしか設置されていません。

手順2 ONUもしくはVDSLモデムと光BBユニットを接続する

ONUもしくはVDSLと光BBユニットをLANケーブルで接続してください。

接続ができたら、光BBユニットの電源アダプタをコンセントに差し込みます。

電源が立ち上がるまで1~2分待ちましょう。

手順3 IPv6で接続できているかチェックする

光BBユニット表面のランプが点灯したら、パソコンやスマホをLANケーブルかWi-Fiで接続してください。

光BBユニットとWi-Fiで接続するためのSSIDとパスワードは、本体下部に記載されています。

光BBユニットのSSIDとパスワード

光BBユニットのSSIDとパスワード例

IPv6で接続ができているかどうか確認をするために、以下2つのサイトにアクセスしましょう。

ソフトバンクIPv6確認サイト

あなたの IPv6 をテストしましょう。

IPv6での接続ができている場合は、以下のように表示されます。

ソフトバンクのIPv6接続確認サイト

ソフトバンクのIPv6接続確認サイトにてIPv6で接続ができている場合

IPv6接続確認サイト

IPv6接続確認サイトにてIPv6で接続ができている場合

IPv6での接続ができていることが確認できたら、インターネットの速度を測ってみましょう。

速度の計測結果が50Mbps以下の場合は、何かしら速度を遅くしている原因があります

ソフトバンク光が遅い原因と対処法」をご確認ください。

その他の光回線からの乗り換え、もしくは新規でソフトバンク光を契約した場合

その他の光回線からの乗り換え、もしくは新規でソフトバンク光を契約した場合

フレッツ光やコラボ光以外からソフトバンク光に乗り換えた場合、もしくは新規でソフトバンク光を申し込んだ場合におけるIPv6の設定方法を解説します。

ひかり電話(固定電話)の契約があるかないかによって設定方法が異なりますので、ひかり電話の契約がない人は<ひかり電話(固定電話)の契約がない場合>をご確認ください。

IPv6設定手順:ひかり電話(固定電話)の契約がある場合

VDSLモデム、HGW、電話機

ひかり電話(固定電話)の契約がある場合は、以下の手順でIPv6の設定を行います。

IPv6の設定手順

  1. 現状の確認
  2. ブラウザを開いて「ntt.setup/」にアクセスする
  3. パスワードを設定する
  4. インターネット接続先を設定しない
  5. HGW内の設定を変更する
  6. HGWと光BBユニットを接続する
  7. IPv6で接続できているかチェックする

手順1 現状の確認

まずは現状の確認から行います。

他社光回線からの乗り換え、もしくは新規でソフトバンク光を契約した方であれば、以下のいずれかの機器が自宅に設置されているはずです。

  • HGW
  • VDSLモデム+HGW

注意

IPv6の設定にはパソコンとLANケーブルが必要です。

【高度な方法】として、無線ルーターを一時的にAPモードに変更した状態でWi-Fi接続すれば、スマホでも設定を行うことができます。

手順2 ブラウザを開いて「ntt.setup/」にアクセスする

ブラウザを開いて「ntt.setup/」にアクセスする

スマホもしくはパソコンをインターネットにつないだ状態でブラウザ(グーグルクロームやエッジなど)を開き、アドレスバーに「ntt.setup/」と打ち込みます。

手順3 パスワードを設定する

HGWのログインパスワードを設定する

「機器設定用パスワードの初期設定」画面が表示されますので、任意のパスワードを入力して「設定」をクリックします。

HGWのログインパスワードを設定する

「ntt.setupの内容」と表示されますので「OK」をクリックしましょう。

注意

HGWのログインパスワードは非常に重要です。忘れないように必ず控えを取っておきましょう。

手順4 インターネット接続先を設定しない

インターネット接続先を設定しない

「設定ウィザード」の画面が表示されますので「インターネット接続先を設定しない」にチェックを入れて、「設定」をクリックします。

インターネット接続先を設定しない

「ntt.setupの内容」と表示されますので「OK」をクリックしましょう。

手順5 HGW内の設定を変更する

HGW内の設定を変更する

HGWの設定ページにアクセスできたら、以下2つの設定を変更します。

2つの変更箇所

  • 接続先設定(IPv6 PPPoE)
  • IPv6パケットフィルタ設定(IPoE)
変更箇所1 接続先設定(IPv6 PPPoE)

接続先設定(IPv6 PPPoE)の設定内容を変更する

左のメニューから「接続先設定(IPv6 PPPoE)」をクリックします。

接続先設定(IPv6 PPPoE)の設定内容を変更する

「状態」が「待機中」になっていることを確認して「切断・停止」をクリックします。

接続先設定(IPv6 PPPoE)の設定内容を変更する

「OK」をクリックすれば完了です。

変更箇所2 IPv6パケットフィルタ設定(IPoE)

IPv6パケットフィルタ設定(IPoE)の設定内容を変更する

左のメニューから「詳細設定」をクリックして開き、「IPv6パケットフィルタ設定(IPoE)」をクリックします。

「詳細設定」の中に「IPv6パケットフィルタ設定(IPoE)」がない場合は「セキュリティ設定」の中にあります。

IPv6パケットフィルタ設定(IPoE)の設定内容を変更する

「IPv6ファイアウォール機能」の「無効」にチェックを入れてから「設定」をクリックします。

IPv6パケットフィルタ設定(IPoE)の設定内容を変更する

「上記内容に同意する」にチェックを入れて「承諾」をクリックします。

IPv6パケットフィルタ設定(IPoE)の設定内容を変更する

「OK」をクリックします。

以上でHGWの設定は全て完了となりますので、画面を閉じてください。

手順6 HGWと光BBユニットを接続する

HGWと光BBユニットをLANケーブルで接続したら、光BBユニットの電源アダプタをコンセントに差し込みます。

電源が立ち上がるまで1~2分待ちましょう。

手順7 IPv6で接続できているかチェックする

光BBユニット表面のランプが点灯したら、パソコンやスマホをLANケーブルかWi-Fiで接続してください。

光BBユニットとWi-Fiで接続するためのSSIDとパスワードは、本体下部に記載されています。

光BBユニットのSSIDとパスワード

光BBユニットのSSIDとパスワード例

IPv6で接続ができているかどうか確認をするために、以下2つのサイトにアクセスしましょう。

ソフトバンクIPv6確認サイト

あなたの IPv6 をテストしましょう。

IPv6での接続ができている場合は、以下のように表示されます。

ソフトバンクのIPv6接続確認サイト

ソフトバンクのIPv6接続確認サイトにてIPv6で接続ができている場合

IPv6接続確認サイト

IPv6接続確認サイトにてIPv6で接続ができている場合

IPv6での接続ができていることが確認できたら、インターネットの速度を測ってみましょう。

速度の計測結果が50Mbps以下の場合は、何かしら速度を遅くしている原因があります

ソフトバンク光が遅い原因と対処法」をご確認ください。

IPv6設定手順:ひかり電話(固定電話)の契約がない場合

ひかり電話(固定電話)の契約がない場合は、以下の手順でIPv6の設定を行います。

IPv6の設定手順

  1. 現状の確認
  2. ONUもしくはVDSLモデムと光BBユニットを接続する
  3. IPv6で接続できているかチェックする

手順1 現状の確認

まずは現状の確認から行います。

他社光回線からの乗り換え、もしくは新規でソフトバンク光を契約した方であれば、以下のいずれかの機器が自宅に設置されているはずです。

  • ONU
  • VDSLモデム

手順2 ONUもしくはVDSLモデムと光BBユニットを接続する

ONUもしくはVDSLと光BBユニットをLANケーブルで接続してください。

接続ができたら、光BBユニットの電源アダプタをコンセントに差し込みます。

電源が立ち上がるまで1~2分待ちましょう。

手順3 IPv6で接続できているかチェックする

光BBユニット表面のランプが点灯したら、パソコンやスマホをLANケーブルかWi-Fiで接続してください。

光BBユニットとWi-Fiで接続するためのSSIDとパスワードは、本体下部に記載されています。

光BBユニットのSSIDとパスワード

光BBユニットのSSIDとパスワード例

IPv6で接続ができているかどうか確認をするために、以下2つのサイトにアクセスしましょう。

ソフトバンクIPv6確認サイト

あなたの IPv6 をテストしましょう。

IPv6での接続ができている場合は、以下のように表示されます。

ソフトバンクのIPv6接続確認サイト

ソフトバンクのIPv6接続確認サイトにてIPv6で接続ができている場合

IPv6接続確認サイト

IPv6接続確認サイトにてIPv6で接続ができている場合

IPv6での接続ができていることが確認できたら、インターネットの速度を測ってみましょう。

速度の計測結果が50Mbps以下の場合は、何かしら速度を遅くしている原因があります

ソフトバンク光が遅い原因と対処法」をご確認ください。

光BBユニットを使っていたがIPv6を使えるようにしていなかった場合

光BBユニットを使っていたがIPv6を使えるようにしていなかった場合

以前から光BBユニットは使っていたけれども、IPv6を使えるようにしていなかった場合におけるIPv6の設定方法を解説します。

ひかり電話(固定電話)の契約があるかないかによって設定方法が異なりますので、ひかり電話の契約がない人は<ひかり電話(固定電話)の契約がない場合>をご確認ください。

IPv6設定手順:ひかり電話(固定電話)の契約がある場合

ひかり電話(固定電話)の契約がある場合は、以下の手順でIPv6の設定を行います。

IPv6の設定手順

  1. 現状の確認
  2. 光BBユニットの設定を変更する(光BBユニット2.2、2.3の場合)
  3. パソコンとHGWをLANケーブルで接続する
  4. ブラウザを開いて「ntt.setup/」にアクセスする
  5. パスワードを設定する
  6. インターネット接続先を設定しない
  7. HGW内の設定を変更する
  8. HGWと光BBユニットを接続する
  9. IPv6で接続できているかチェックする

手順1 現状の確認

まずは現状の確認から行います。

以下のいずれかの機器が自宅に設置されているはずです。

  • HGW+光BBユニット
  • VDSLモデム+HGW+光BBユニット

注意

IPv6の設定にはパソコンとLANケーブルが必要です。

【高度な方法】として、光BBユニットを一時的にAPモードに変更した状態でWi-Fi接続すれば、スマホでも設定を行うことができます。

IPv6の契約ができているか確認する

以前からソフトバンク光を利用していた場合、そもそもIPv6の契約ができていない可能性があります

まず先にMy SoftBank からIPv6の契約があるかどうかを確認してください。

IPv6の契約ができていれば、「お申込みサービス(ご契約サービス)」に「IPv6 IPoE + IPv4」と記載されています。

IPv6の契約ができている場合の表記例

画像参照:ソフトバンク

IPv6の契約ができていない場合は「接続方式変更のお申し込み 」を行ってください。

手順2 光BBユニットの設定を変更する(光BBユニット2.2、2.3の場合)

光BBユニットの型番

光BBユニットの型番を確認して、E-WMTA2.2もしくはE-WMTA2.3だった場合は設定の変更が必要です。

光BBユニットの機種名と型番
機種名 E-WMTA2.4 E-WMTA2.3 E-WMTA2.2
型番 EVO2.4 J18V150.00 J18V115.00
設定変更 なし あり あり

パソコンもしくはスマホを光BBユニットと接続(LANケーブルでもWi-Fiでも可)して、下記ページを参考に設定を変更しましょう。

E-WMTA2.4の場合は設定を変更する必要はありません。電源アダプタだけコンセントから抜いておきましょう。

手順3パソコンとHGWをLANケーブルで接続する

パソコンとHGWをLANケーブルで接続します。

※光BBユニットではありません。

手順4 ブラウザを開いて「ntt.setup/」にアクセスする

ブラウザを開いて「ntt.setup/」にアクセスする

パソコンのブラウザ(グーグルクロームやエッジなど)を開き、アドレスバーに「ntt.setup/」と打ち込みます。

手順5 パスワードを設定する

HGWのログインパスワードを設定する

「機器設定用パスワードの初期設定」画面が表示されますので、任意のパスワードを入力して「設定」をクリックします。

HGWのログインパスワードを設定する

「ntt.setupの内容」と表示されますので「OK」をクリックしましょう。

注意

HGWのログインパスワードは非常に重要です。忘れないように必ず控えを取っておきましょう。

手順6 インターネット接続先を設定しない

インターネット接続先を設定しない

「設定ウィザード」の画面が表示されますので「インターネット接続先を設定しない」にチェックを入れて、「設定」をクリックします。

インターネット接続先を設定しない

「ntt.setupの内容」と表示されますので「OK」をクリックしましょう。

手順7 HGW内の設定を変更する

HGW内の設定を変更する

HGWの設定ページにアクセスできたら、以下2つの設定を変更します。

2つの変更箇所

  • 接続先設定(IPv6 PPPoE)
  • IPv6パケットフィルタ設定(IPoE)
変更箇所1 接続先設定(IPv6 PPPoE)

接続先設定(IPv6 PPPoE)の設定内容を変更する

左のメニューから「接続先設定(IPv6 PPPoE)」をクリックします。

接続先設定(IPv6 PPPoE)の設定内容を変更する

「状態」が「待機中」になっていることを確認して「切断・停止」をクリックします。

接続先設定(IPv6 PPPoE)の設定内容を変更する

「OK」をクリックすれば完了です。

変更箇所2 IPv6パケットフィルタ設定(IPoE)

IPv6パケットフィルタ設定(IPoE)の設定内容を変更する

左のメニューから「詳細設定」をクリックして開き、「IPv6パケットフィルタ設定(IPoE)」をクリックします。

「詳細設定」の中に「IPv6パケットフィルタ設定(IPoE)」がない場合は「セキュリティ設定」の中にあります。

IPv6パケットフィルタ設定(IPoE)の設定内容を変更する

「IPv6ファイアウォール機能」の「無効」にチェックを入れてから「設定」をクリックします。

IPv6パケットフィルタ設定(IPoE)の設定内容を変更する

「上記内容に同意する」にチェックを入れて「承諾」をクリックします。

IPv6パケットフィルタ設定(IPoE)の設定内容を変更する

「OK」をクリックします。

以上でHGWの設定は全て完了となりますので、画面を閉じてください。

手順8 HGWと光BBユニットを接続する

HGWと光BBユニットをLANケーブルで接続したら、光BBユニットの電源アダプタをコンセントに差し込みます。

電源が立ち上がるまで1~2分待ちましょう。

手順9 IPv6で接続できているかチェックする

光BBユニット表面のランプが点灯したら、パソコンやスマホをLANケーブルかWi-Fiで接続してください。

光BBユニットとWi-Fiで接続するためのSSIDとパスワードは、本体下部に記載されています。

光BBユニットのSSIDとパスワード

光BBユニットのSSIDとパスワード例

IPv6で接続ができているかどうか確認をするために、以下2つのサイトにアクセスしましょう。

ソフトバンクIPv6確認サイト

あなたの IPv6 をテストしましょう。

IPv6での接続ができている場合は、以下のように表示されます。

ソフトバンクのIPv6接続確認サイト

ソフトバンクのIPv6接続確認サイトにてIPv6で接続ができている場合

IPv6接続確認サイト

IPv6接続確認サイトにてIPv6で接続ができている場合

IPv6での接続ができていることが確認できたら、インターネットの速度を測ってみましょう。

速度の計測結果が50Mbps以下の場合は、何かしら速度を遅くしている原因があります

ソフトバンク光が遅い原因と対処法」をご確認ください。

IPv6設定手順:ひかり電話(固定電話)の契約がない場合

ひかり電話(固定電話)の契約がない場合は、以下の手順でIPv6の設定を行います。

IPv6の設定手順

  1. 現状の確認
  2. 光BBユニットの設定を変更する(光BBユニット2.2、2.3の場合)
  3. IPv6で接続できているかチェックする

手順1 現状の確認

まずは現状の確認から行います。

以下のいずれかの機器が自宅に設置されているはずです。

  • ONU+光BBユニット
  • VDSLモデム+光BBユニット
IPv6の契約ができているか確認する

以前からソフトバンク光を利用していた場合、そもそもIPv6の契約ができていない可能性があります

まず先にMy SoftBank からIPv6の契約があるかどうかを確認してください。

IPv6の契約ができていれば、「お申込みサービス(ご契約サービス)」に「IPv6 IPoE + IPv4」と記載されています。

IPv6の契約ができている場合の表記例

画像参照:ソフトバンク

IPv6の契約ができていない場合は「接続方式変更のお申し込み 」を行ってください。

手順2 光BBユニットの設定を変更する(光BBユニット2.2、2.3の場合)

光BBユニットの型番

光BBユニットの型番を確認して、E-WMTA2.2もしくはE-WMTA2.3だった場合は設定の変更が必要です。

光BBユニットの機種名と型番
機種名 E-WMTA2.4 E-WMTA2.3 E-WMTA2.2
型番 EVO2.4 J18V150.00 J18V115.00
設定変更 なし あり あり

パソコンもしくはスマホを光BBユニットと接続(LANケーブルでもWi-Fiでも可)して、下記ページを参考に設定を変更しましょう。

E-WMTA2.4の場合は設定を変更する必要はありません。

手順3 IPv6で接続できているかチェックする

光BBユニット2.4の場合は電源アダプタをコンセントから抜き差しして、再起動させましょう。

光BBユニット2.2もしくは2.3は設定の最後に再起動を行うことなります。

どちらににても電源が立ち上がり表面のランプが点灯したら、パソコンやスマホをLANケーブルかWi-Fiで接続してください。

光BBユニットとWi-Fiで接続するためのSSIDとパスワードは、本体下部に記載されています。

光BBユニットのSSIDとパスワード

光BBユニットのSSIDとパスワード例

IPv6で接続ができているかどうか確認をするために、以下2つのサイトにアクセスしましょう。

ソフトバンクIPv6確認サイト

あなたの IPv6 をテストしましょう。

IPv6での接続ができている場合は、以下のように表示されます。

ソフトバンクのIPv6接続確認サイト

ソフトバンクのIPv6接続確認サイトにてIPv6で接続ができている場合

IPv6接続確認サイト

IPv6接続確認サイトにてIPv6で接続ができている場合

IPv6での接続ができていることが確認できたら、インターネットの速度を測ってみましょう。

速度の計測結果が50Mbps以下の場合は、何かしら速度を遅くしている原因があります

ソフトバンク光が遅い原因と対処法」をご確認ください。

※本記事の内容には細心の注意を払っておりますが、情報の正確性や安全性を保証しているわけではございません。
※通信速度や電波感度に関しては当サイトの検証結果にもとづく所感であり、一定の効果を保証しているわけではございません。
※ご不明点につきましては、各メーカーへお問い合わせ願います。
※インターネット回線をご契約の際には、各社ホームページの内容をご自身でご確認の上お申し込みください。

-ソフトバンク光
-, ,

Copyright © ネットチョイス , All Rights Reserved.