auひかりのIPv6は設定不要!誰でも簡単に使う方法を解説します

auひかりは話題のIPv6に対応した、当サイトおすすめ光回線の1つです。

auひかりでは、IPv4/IPv6デュアルスタックという方式にてIPv6へのアクセスを可能にしています。

なお、auひかりでIPv6を使用するにあたって、ルーターやパソコンで何か設定をする必要は一切ありません

いつもどおりスマホやパソコンでインターネットを使っていれば、必要に応じてIPv6を使ってくれるからです。

ちなみに「IPv6を使うとインターネットが速くなる」と聞いたことがあるかもしれませんが、残念ながらauひかりには関係がありません

auひかりの回線速度とIPv6の使用には、関係性が一切ないからです。

もしもインターネットが遅いのであれば、原因はIPv6以外にあります。

ここでは、auひかりで使えるIPv6のことと、auひかりの速度が遅い場合の原因と解決策について解説します。

[st-kaiwa1]

auひかりはNTTとは別の回線を使用しているので、IPv4やIPv6が速度に影響を与えないのです。

[/st-kaiwa1]

auひかりの速度が遅い原因と解決策については記事の後半で解説していますが、気になる方は先にお読みください。

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#4472c4″ bgcolor=”” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

▼auひかりが遅い5つの原因と解決策を解説

[/st-mybox]

目次

auひかりは設定不要でIPv6が使える!LANケーブルやWi-Fi接続するだけ

auひかりはNTTとは違う独自回線を利用しているため、何もしなくてもIPv6が使えるようになっています。

パソコンやルーターに面倒な設定を施す必要が一切ないのです。

auひかりはIPv6の設定をする必要がありません

auひかりから提供されるONU(ルーター)に最初からIPv6が使えるように設定されているので、利用者側で何か手を施すことはありません。

LANケーブルやWi-Fiで接続したパソコンやスマホで、そのままIPv6を使うことができます。

無線LAN(月額550円)の申し込みをしていない場合は市販の無線ルーターを使用することになりますが、この場合も特に設定は必要ありません。

auひかりのONU(ルーター)と無線ルーターをLANケーブルで接続すれば、そのままWi-Fiを使うことができます。

無線ルーターのスイッチをアクセスポイントに切り替えること

市販の無線ルーターを使用してWi-Fiを利用する場合は、ルーターのスイッチをアクセスポイントに切り替えてください

メーカーによっても異なりますが、ルーターの背中側にモードを切り替えるためのスイッチが付いているはずです。

このスイッチを「AP」「BR」「アクセスポイント」に切り替えたら、電源の抜き差しをすればモードが切り替わります。

[st-kaiwa1]

ルーターのモードを「RT」や「ルーター」のままにしてしまうと、二重ルーター状態になるので通信が不安定になります。

[/st-kaiwa1]

IPv4/IPv6デュアルスタック方式なので切り替えも不要

アクセスするサイトによってIPv4なのかIPv6なのかが異なりますが、auひかりは自動で切り替えてくれるIPv4/IPv6デュアルスタック方式を採用しています。

インターネットを使うたびに設定を変える、といった面倒なことも一切ありませんので安心してください。

IPv6が使えているかテストする方法とは?

とはいえ本当にIPv6が使えているかどうか気になりますよね。

auひかりにつないだ状態でブラウザを開き「IPv6テスト」と検索してください。

おそらく検索結果の1番上に「あなたの IPv6 接続性をテストしましょう。」というサイトが表示されるので、タップして開きましょう。

サイトを開くと自動的にIPv6でのアクセスができているかをテストしてくれます。

IPv6がしっかりと使えている場合は以下のように「あなたの DNS サーバ は、IPv6 インターネットアクセスがあるように思われます。」と表示され、10点満点になります。

IPv6通信のテスト結果

もしIPv6が使えていない場合は「IPv6アドレスが検出されませんでした」といった表示で10点満点になりません。

auひかりは独自回線を使用しているのでIPv6でも速度が速くならない

auひかりがIPv6を使用しても速度が速くならないのは、NTTとは違う独自回線を利用しているからです。

auひかりの独自回線とは?NTTの光回線と何が違うのか

多くの光回線サービスがNTTの回線を使用(共有)しています。

本家NTTのフレッツ光はもちろんのこと、ドコモ光やソフトバンク光、OCN光なども同じNTTの光回線を使用しているのです。

同じ道路をたくさんの車が走っていると想像するとわかりやすいと思います。

同じ回線を共有しているわけですから、夜間帯など利用者が増えると混雑が起きやすいのがNTTの光回線なのです。

auひかりはauひかりしか使わない独自回線を利用しているため、利用者数が増えすぎることがありません

もちろん夜間帯は利用者数が増えますが、auひかり以外の利用者が使うことはないので必要以上に混雑することがないのです。

IPv6で速くなるのはNTTの光回線だけ

夜間帯などの混雑を解消するために生まれたのがIPv6、正しくはIPv6 IPoEという接続方式です。

NTTの光回線を使う上で、今はこのIPv6 IPoEを使わないとインターネットが遅くなるのが当たり前となりました。

逆を言えば、ドコモ光であろうとソフトバンク光であろうと、IPv6 IPoEを使うことで快適なインターネットができるようになったのです。

詳しくは「IPv6はなぜ速い?IPv4はなぜ遅い?図解を用いてわかりやすく解説します」の記事で解説しています。

auひかりはIPv4でもIPv6でも速度が変わらない

auひかりはそもそも独自回線を利用しているので、IPv4だろうがIPv6だろうが関係ありません。

NTTの光回線のように、何百社が同時に使うことがないからです。

つまり、IPv6が使えてなかろうと速度が遅くなることはありません

そもそもIPv6を利用する機会はほとんどない

auひかりの場合はIPv4/IPv6デュアルスタック方式を採用しています。

訪れるサイトに合わせてIPv4かIPv6を自動的に切り替えてくれるのが、IPv4/IPv6デュアルスタックです。

ただし、現状としてIPv6に対応しているWEBサイトはほとんどありません。

みなさんが見ているWEBサイトの6割から7割はIPv4にしか対応していないので、IPv6が使えるようになっていてもあまり意味がないのです。

IPv6に対応している有名なサイトは何がある?

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#ccc” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”2″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

IPv6に対応しているWEBサイト例

  • Google
  • YouTube
  • ネットフリックス
  • Facebook
  • インスタグラム
  • NTTドコモ
  • au
  • ソフトバンク

[/st-mybox]

他にもたくさんありますが、当サイトが調べた時点(2021年6月)でAmazonやTwitter、Tik TokはIPv6に対応していませんでした。

上記のサイトへアクセスする際にIPv6による通信を利用します。IPv6に対応していないサイトへはIPv4を使います。

auひかりが遅いと感じる原因はIPv4ではない

もしもauひかりを使っていて遅いと感じるようであれば、原因はIPv4(IPv6を使えていないこと)ではありません

インターネットの速度が遅い原因は他にあります。

auひかりの速度が遅い5つの原因と解決策を解説

auひかりの速度が遅くなる原因について5つ紹介するとともに、それぞれの解決方法を解説します。

機器や配線のトラブルによって通信が不安定になっている

インターネットが遅い、ネットにつながらない、といったトラブルで意外と多いのが機器や配線のトラブル・故障です。

接続されているケーブルを全て抜き差しした後で、機器の電源を入れ直しをさせましょう。

機器やケーブルが故障していない限り、通信トラブルは再起動で解決するものです。

無線ルーターが古い、性能が低いため速度が遅い

お使いの無線ルーターが古くなっていたり、性能が低いものを使われていると速度は遅いです。

無線ルーターが進化するスピードは非常に早く、5年以上前のものであれば交換のタイミングといえます。

また、新しいものであっても、そもそも性能が低ければ意味がありません。

最大通信速度が1Gbps以上に対応しているルーターと交換してください。

二重ルーターになっていると通信が不安定になる

auひかりの機器とは別で無線ルーターを接続している場合、二重ルーターになっている可能性があります。

無線ルーターの背面側にあるスイッチが「RT」や「ルーター」になっていれば二重ルーターです。

メーカーによっても表示が異なりますが、「AP」や「BR」側にスイッチを切り替えてから電源の抜き差しをしましょう。

二重ルーターが解消されれば通信が安定して、速度が出るようになるはずです。

同地域内で利用者が過密になり回線が混雑している

機器や配線をいじっても速度が遅いままの場合は、回線自体の混雑が原因の可能性が高いです。

独自回線を利用しているauひかりとはいえ、同一地域内で利用者が多すぎると速度が遅くなってしまいます。

夜になると決まって速度が遅くなるといった、慢性的な速度遅延が起きている場合は回線の混雑が原因です。

東京、神奈川、埼玉、千葉にお住まいの方は10ギガコースへの変更を、他のエリアにお住まいの方は光回線の乗り換えを検討しましょう。

マンションに導入されている設備と利用者数が原因で遅い

マンションに住んでいて速度が遅い場合は、導入されている設備のスペックや利用者の数が多いことが原因である可能性が高いです。

マンションによっては「タイプG」という高速設備が追加で導入されている場合があるので、契約変更を行いましょう。

契約変更ができない場合は、他の光回線へ乗り換えるしか解決策はありません。

タイプGに変更することで速度が速くなる事例が多発

auひかりマンションタイプGにしました。300~500Mbps(今までの10倍)出ているので、明らかに違います。これで仕事のWeb会議を快適に行えます。ゲームとか動画目的ではないですよ?

— Yuuji Hozumi (@YuujiHozumi) May 14, 2021

auひかりマンション VDSL タイプG
はえぇー pic.twitter.com/5Ph5Y55z4F

— アプリコット@ラグマス(Guild:月夜のお茶会) (@apricot_ragmas) March 13, 2021

auひかり契約時はタイプVだったマンションでも、いつの間にかタイプGが導入されている場合が多々あります。

タイプVからタイプGへの契約変更は3,300円だけで可能ですので、一度契約しているプロバイダへ問い合わせをして確認をしてみることをおすすめします。

タイプGに対応していなかった場合は、他の光回線へ乗り換えるしかありません。

auひかりから乗り換えて速度が速くなる光回線5社

利用者が多すぎるために速度が遅くなっているのであれば、他の光回線へ乗り換えれば必然的に速度が速くなります。

とはいえ、光回線であれば何でもいいわけではなく、実績と料金も大事です。

auひかりから乗り換えるにあたって、当サイトおすすめの光回線を5社紹介します。

auひかりからの乗り換えに最適な光回線5社
光回線 特長
とにかく速度重視NURO光のロゴマーク 最大2Gbpsの独自回線
キャッシュバック45,000円
工事費は無料
ドコモユーザーにおすすめドコモ光のロゴマーク IPv6(IPoE)対応
ドコモスマホとのセット割引
キャッシュバック20,000円
工事費は無料
auユーザーにおすすめSo-net光プラスのロゴマーク IPv6(IPoE)対応
auスマホとのセット割引
2年間の割引あり
工事費は無料
ソフトバンク
ワイモバイルユーザーにおすすめ
ソフトバンク光のロゴマーク
IPv6(IPoE)対応
ソフトバンク、ワイモバイルスマホとのセット割引
乗り換え費用全額負担
キャッシュバック36,000円
工事費は無料
格安SIMユーザーにおすすめOCN光のロゴマーク IPv6(IPoE)対応
IPoEアドバンスあり
キャッシュバック最大40,000円

とにかく速度を速くしたいならNURO光で決まり

NURO光のここがおすすめ

とにかく速度を重視して乗り換え先を決めるならNURO光で決まりです。

インターネット回線の速度ランキングは常に上位となっています。

ただし、NURO光は使えるエリアが限られているので、お気をつけください。

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#ccc” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”2″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

NURO光提供エリア

  • 北海道
  • 関東:東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、栃木、茨城
  • 東海:愛知、岐阜、三重、静岡
  • 関西:大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良
  • 中国:広島、岡山
  • 九州:福岡、佐賀

[/st-mybox]

最大2Gbpsの独自回線でいつでも安定して速い

NURO光は独自回線を使用した最大2Gbpsの光回線です。

口コミ評価も高く、オンラインゲームや動画配信者からも支持されています。

速度ランキングでは常に上位、auひかりよりも速い

光回線の実測値を比較
(直近3ヶ月平均値)
光回線 下り速度 上り速度 Ping値
NURO光 466.17Mbps 406.19Mbps 12.32ms
auひかり 380.64Mbps 270.28Mbps 19.13ms

情報参照元:みんなのネット回線速度

一般ユーザーの速度結果を集計しているサイトにおいても、auひかりよりもさらに速い数値を計測しています。

速いのはスペックだけでなく、ユーザーの利用環境においても確かな結果を残しているのです。

工事費無料でキャッシュバックが45,000円ももらえる

NURO光はキャンペーン特典で工事費が実質無料になっています。

また、キャッシュバックが45,000円ももらえるので、auひかりの違約金などを全てカバーすることも可能です。

更新月でなくても気兼ねなく乗り換えできます。

NURO光とauひかりの月額料金を比較

NURO光にすると毎月の料金はどうなるのでしょうか。

一戸建ては少し安くなりますが、マンションは高くなります。

NURO光とauひかりの月額料金を比較
  NURO光 auひかり
一戸建て 5,217円 5,610円
マンション 3,740円~4,510円

NURO光はマンションに設備が導入されていることが稀で、ほとんどの場合に個別契約(一戸建てタイプ)となるのです。

もし運良くマンションタイプが導入されていた場合は2,500円前後で利用できるので、auひかりよりも安く使うことができます。

ソフトバンクユーザーならスマホ代金が安くなる

NURO光はソフトバンクスマホとのセット割引対象の光回線です。

契約プランに応じて、毎月最大1,100円スマホ代金が安くなります。

契約者本人だけでなく、同居する家族・恋人・友人、離れて暮らす家族も全員割引の対象です。

まとめてソフトバンクを利用している家族は非常にお得になります。

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#ccc” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”2″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

NURO光の特長まとめ

  • 最大2Gbpsの独自回線で速い
  • 工事費が実質無料になる
  • キャッシュバック必ず45,000円
  • スマホとのセット割引がある

[/st-mybox]

下方向への矢印

[st_af id=”1236″]

 

以下おすすめする光回線はすべてコラボ光ですが、なるたけ速度の評判と料金的メリットの高いものを選んでいます。

ドコモユーザーならIPv6 IPoE対応のドコモ光がセット割引でお得に使える

ドコモ光のここがおすすめ

ドコモ光はIPv6 IPoEに対応したコラボ光で、速度の評判も悪くないです。

また、ドコモユーザーであればスマホ代金が安くなるため、お得に使うことができます。

ドコモ光とauひかりの月額料金を比較

毎月の料金を比較すると、auひかりの方が安いです。

ドコモ光とauひかりの月額料金を比較
  ドコモ光 auひかり
一戸建て 5,720円 5,610円
マンション 4,400円 3,740円~4,510円

ただし、ドコモユーザーであればセット割引によってスマホ代金が安くなります。

個別に契約する場合は一戸建ての料金となります。

ドコモユーザーならセット割引で毎月最大1,100円安くなる

ドコモスマホならセット割引が使える

[st_af id=”526″]

契約プランに応じて、毎月最大1,100円の割引が適用されます。

スマホ代金が安くなるのは契約者本人だけではなく、同居する家族のスマホ代金も割引の対象です。

家族でドコモにまとめている方は非常にお得ですね。

工事費は無料!20,000円のキャッシュバックがもらえる

ドコモ光の工事費はキャンペーンで無料となっています。

また、auひかりから乗り換えであれば20,000円のキャッシュバックが必ずもらえますので、違約金があっても安心です。

更新月以外でも気兼ねなく乗り換えができます。

IPv6 IPoEはマンションでこそ力を発揮する

ドコモ光のIPv6 IPoEはユーザー認証をせずにインターネットに接続できる最新技術です。

つまり、利用者が多い時間帯であってもスムーズにインターネットが使えます。

マンションだとどうしても速度が出にくいことがありますが、ドコモ光のIPv6 IPoEであれば影響をほとんど受けません。

夜間でも快適にインターネットが使えるでしょう。

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#ccc” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”2″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

ドコモ光の特長まとめ

  • IPv6 IPoEの高品質なネット回線
  • 工事費が無料になる
  • キャッシュバック必ず20,000円
  • スマホとのセット割引がある

[/st-mybox]

下方向への矢印

[st_af id=”1535″]

auユーザーならIPv6 IPoE対応のSo-net光プラスがセット割引でお得に使える

So-net光プラスのここがおすすめ

So-net光プラスはNURO光と同じSo-net社が提供するコラボ光の1つで、速度の評判もまずまずです。

auユーザーであればスマホ代金の割引が適用となるため、料金的なメリットもあります。

So-net光プラスとauひかりの月額料金を比較

So-net光プラスは2年間割引価格で利用ができるため、auひかりより安くなります。

So-net光プラスとauひかりの月額料金を比較
  So-net光プラス auひかり
一戸建て 3,780円
(3年目から6,138円)
5,610円
マンション 2,780円
(3年目から4,928円)
3,740円~4,510円

3年目からは通常価格に戻るためauひかりより高くなるのですが、auユーザーであればセット割引があるのでスマホ代金が安くなります。

個別に契約する場合は一戸建ての料金となります。

auユーザーならセット割引で毎月最大1,100円安くなる

[st_af id=”603″]

契約プランに応じて、毎月最大1,100円の割引が適用されます。

スマホ代金が安くなるのは契約者本人だけではなく、同居する家族のスマホ代金も割引の対象です。

光回線とスマホ代金という通信費全体で考えれば3年目以降の値上げもあまり気になりません。

セット割引は1年目から適用になります。

工事費は実質無料!無線ルーターも無料でレンタル

So-net光プラスは工事費が実質無料となっているため、負担はありません。

また、IPv6 IPoEに対応した無線ルーターも無料で借りることができるため、わざわざ購入する必要もありません。

IPv6 IPoEはマンションでこそ力を発揮する

So-net光プラスで使用できるIPv6 IPoEは、ユーザー認証なしでインターネットが使える最新の通信技術です。

IPv6 IPoEを使用することで、夜間などのネット利用者が多い時間帯であっても快適にインターネットを使うことができます。

戸数の多い集合住宅は速度が出にくくなりやすいのですが、So-net光プラスのIPv6 IPoEであれば影響を受けることはほとんどないでしょう。

So-net光プラスが採用しているIPv6 IPoEはプロゲーマー御用達

So-net光プラスが採用しているIPv6 IPoEは、多くのプロゲーマーも利用している「v6プラス」です。

FAV gamingの格闘ゲーム部門に所属するsako選手も、自宅にv6プラス回線を導入して、オンライン対戦の勝率が本当にアップしました。ストリートファイターVの場合、試合はオフラインで戦われることが多かったのですが、現在はコロナ禍もあり、ほとんどがオンラインでの実施に切り替わりました。ですから、オンラインでもオフラインにより近いパフォーマンスができる環境が必要です。それをv6プラスが実現してくれたわけですね。

引用元:「v6プラス」はなぜeスポーツを応援するのか? JPNE社長に聞いてみた

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#ccc” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”2″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

So-net光プラスの特長まとめ

  • IPv6 IPoEの高品質なネット回線
  • 工事費が実質無料になる
  • 2年間の割引で最大6万円以上もお得
  • スマホとのセット割引がある

[/st-mybox]

下方向への矢印

[st_af id=”1240″]

ソフトバンクやワイモバイルユーザーならソフトバンク光で決まり

ソフトバンク光のここがおすすめ

ソフトバンク光はNTTの高品質な光回線を利用したコラボ光の1つで、もちろんIPv6 IPoEに対応しています。

契約者数は全国で2番目に多く、ドコモ光の次にみんなから選ばれている光回線なのです。

ソフトバンク光とauひかりの月額料金を比較

毎月の料金はソフトバンク光よりauひかりの方が安くなっています。

ソフトバンク光とauひかりの月額料金を比較
  ソフトバンク光 auひかり
一戸建て 5,720円 5,610円
マンション 4,180円 3,740円~4,510円

ただし、ソフトバンクもしくはワイモバイルユーザーであれば毎月のスマホ代金が安くなるため、通信費全体としてはお得になるのです。

個別に契約する場合は一戸建ての料金となります。

ソフトバンクやワイモバイルユーザーならセット割引で毎月のスマホ代金が安くなる

ソフトバンクもしくはワイモバイルユーザーはソフトバンク光とセット割引がある

[st_af id=”305″]

[st_af id=”308″]

ソフトバンクユーザーであれば最大1,100円、ワイモバイルユーザーであれば最大1,188円スマホ代金が安くなります。

契約者本人だけではなく、同居する家族・恋人、離れて暮らす家族の分までもが割引の対象です。

ソフトバンクやワイモバイルのスマホを使っている人が多ければ多いほど、お得に使うことができます。

auひかりの違約金や撤去費用、工事の残債を全額還元

ソフトバンク光は乗り換えにかかった費用を最大10万円まで全額還元しています。

auひかりの違約金、工事の残債、撤去費用など、合計で10万円までであれば後日全て戻ってくるのです。

まだ工事費を払い終えていなかったり更新月でなくとも、気兼ねなく乗り換えることができますね。

工事費も実質無料!キャッシュバック36,000円ももらえる

乗り換えの場合に限り、ソフトバンク光は工事費相当額である24,000円も後日還元しています。

その上に36,000円のキャッシュバックまでもらえるのです。

金銭的な負担は一切ないどころか、むしろプラスになるのがソフトバンク光となります。

IPv6 IPoEはマンションでこそ力を発揮する

ソフトバンク光はIPv6 IPoEの提供を行っています。

従来のPPPoE接続とは違い、ユーザー認証なしでインターネットが使える技術です。

IPv6 IPoEを使うことで、混雑する時間帯であっても快適なインターネットを可能にしてくれます。

集合住宅ではどうしても利用者が集中しやすいですが、そういったときこそ力を発揮するのがIPv6 IPoEなのです。

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#ccc” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”2″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

ソフトバンク光の特長まとめ

  • IPv6 IPoEの高品質なネット回線
  • 工事費が実質無料になる
  • 乗り換え費用を全額還元してくれる
  • 36,000円のキャッシュバックがもらえる
  • スマホとのセット割引がある

[/st-mybox]

下方向への矢印

[st_af id=”1540″]

OCN光なら格安SIMユーザーでもお得にIPv6 IPoEが使えます

OCN光のここがおすすめ

OCN光はプロバイダとしては最大手であるNTTコミュニケーションズが提供するコラボ光の1つです。

大手キャリアとのセット割引こそありませんが、キャッシュバックと月額料金の安さが人気の光回線となります。

OCN光とauひかりの月額料金を比較

一戸建てはOCN光もauひかりも同じ料金ですが、マンションならOCN光の方が安くなります。

OCN光とauひかりの月額料金を比較
  OCN光 auひかり
一戸建て 5,610円 5,610円
マンション 3,960円 3,740円~4,510円

個別に契約する場合は一戸建ての料金となります。

キャッシュバックが最大40,000円もらえる

OCN光はキャンペーン特典として、最大40,000円ものキャッシュバックをもらうことができます。

通信速度を少しでも速くしたいのであれば、キャッシュバック35,000円と無線ルーターがもらえるキャンペーンがおすすめです。

※マンションの場合は27,000円+無線ルーターになります。

工事費は一括払いか分割払いか選べる

OCN光は工事費を一括払いにするか分割払いにするかを選べます。

一戸建ては19,800円、マンションは16,500円となるので、工事費はキャッシュバックで補填するといいでしょう。

速度が気になるならIPoEアドバンスがおすすめ

コラボ光の中でもOCN光にだけあるオプションがIPoEアドバンス(月額1,848円)です。

簡単に説明すると、IPoEアドバンス契約者用に回線の枠を拡げることができます。

より快適なインターネット通信が可能になるので、圧倒的に速くなるのです。

今ならIPoEアドバンスが1年間無料で使えますので、とにかく速度が気になる方は一度試してみてください。

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”#ccc” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”2″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

OCN光の特長まとめ

  • IPv6 IPoEの高品質なネット回線
  • IPoEアドバンスが使える
  • キャッシュバック最大40,000円

[/st-mybox]

下方向への矢印

[st_af id=”1242″]

高額キャッシュバックがもらえる今がチャンス!

速度が速くてお得な光回線をお探しであれば、独自回線と高額キャッシュバックのあるauひかりがおすすめです。

auユーザーであれば毎月のスマホ代金まで安くなるので、さらにお得に使うことができます。

全国どこでも使えるわけではありませんが、他社より速度もコスパも優れているのは間違いありません。

GMOとくとくBBのキャンペーンサイトから申し込むことで、最大61,000円のキャッシュバックと高速無線ルーターが無料でもらえます

マンションなら2週間、一戸建てでも1ヶ月程度で工事ができるので、なるべく早くインターネットを使いたい人にも最適です。

auひかりの口コミ・評判

[st_af id=”1065″]

[st-mybox title=”auひかりはこんな人におすすめ” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#757575″ bordercolor=”#BDBDBD” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

[st-user-comment-box title=”auひかりで快適なWi-Fi環境を手に入れよう” user_text=”管理人のおすすめ度” color=”” star=”5″]ネットチョイス管理人[/st-user-comment-box]

とにかく速い光回線を使いたい人、高額なキャッシュバックが欲しい人、auユーザーの人におすすめの光回線です。

[/st-mybox]

下方向への矢印

[st_af id=”1403″]

執筆者

川上城三郎のアバター 川上城三郎 ネット回線アドバイザー

【新聞社推薦】ネット回線の専門家


家電量販店、携帯ショップ、訪問販売、法人営業においてインターネット回線の取次ぎ、販売員・携帯ショップ店員向けの講師、回線の施策考案業務を10年以上経験後にネット回線のコンサルタントとして独立、起業(株式会社Cadenza代表取締役)。年間で300件以上の相談に乗っている現役のネット回線アドバイザー。執筆者について(マイベストプロ)

目次
閉じる