調査レポート

ポケットWiFiに関する利用状況(問い合わせ・サポート)を調査しました

弊社(株式会社Cadenza)が運営するインターネット回線情報メディア「Wi-Fiの森」編集部による、ポケットWiFiに関する利用状況の調査結果をご報告します。

調査目的ポケットWiFiの利用を検討している方への判断材料の提供
調査方法ランサーズ
調査主体Wi-Fiの森編集部(株式会社Cadenza)
調査対象ポケットWiFiを利用している方、過去に利用していた方
調査期間2021年10月31日~2021年11月2日
回収数100件

「契約しているポケットWiFiはなんですか?」

契約しているポケットWiFi
回答人数
WiMAX(UQ WiMAX以外も含む)63人
楽天モバイル8人
その他29人

「ポケットWiFi利用中に電話やチャットなどで問い合わせ・相談をしたことがありますか?」

ポケットWiFi利用中に電話やチャットなどで問い合わせ・相談をしたことがあるか
回答人数
ない79人
電話13人
メール(問い合わせフォーム)5人
よくある質問・自動ボット3人
チャット0人

「問い合わせ・相談した内容」をいくつかピックアップしてご紹介します。

  • 解約手続きの方法について「電話」
  • 契約プランの変更について「電話」
  • 通信速度が遅くなった「電話」
  • オプションの解約のタイミングがいつかわからなかった「メール(問い合わせフォーム)」
  • 端末に不具合が起きた「メール(問い合わせフォーム)」
  • 画面操作で分からないところがあった「よくある質問(自動ボット)」

今回の調査結果からわかること

  • ポケットWiFi利用中に問い合わせをする人はほとんどいない(契約前にしっかりと調べる人が増えた?)
  • 問い合わせ手段として電話が1番多い
  • メールやよくある質問でも解決できる場合が少なくない

電話サポートを設置することで、人件費が高騰します。

ポケットWiFiなどのインターネット回線サービスにおける経費の大部分が人件費と言われていますので、サポートに関する費用(人件費)を減らすことで、利用料金を安くすることが可能です。

スマホキャリアの新料金プラン(ahamoなで)では、電話でのサポートを全て廃止して、チャットサポートに移行しています。

各社しのぎを削るポケットWiFi業界でも、今後電話サポートが完全になくなる日が来るかもしれません。

© 2021 株式会社Cadenza