比較

フレッツ光とドコモ光の違いを比較!乗り換えるならどっちがおすすめなのか解説します

フレッツ光とドコモ光は同じNTTグループが提供している光回線ですので、サービスを比較しても大きな違いはありません

インターネットの速度もかわりませんので、よりお得に利用できるドコモ光を選ぶ方が賢い選択ですね

ドコモスマホを使っていない人でもドコモ光を使うことはできますので、安心してください。

ここでは、フレッツ光とドコモ光の違いを比較して、両者のメリットとデメリットからどちらを選ぶべきなのかを解説します。

また、フレッツ光からドコモ光へ乗り換える方法と手順も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

管理人

フレッツ光の個人向けサポートは縮小傾向にありますので、なるべく早くドコモ光に乗り換えることをおすすめします。




  • ドコモスマホを使っている人
  • 毎月の料金を節約したい人
  • ネットにあまり詳しくない人
  • NTTという安心感が欲しい人(ドコモは好きではない)

フレッツ光とドコモ光の違いを比較!速度は同じで料金の安さが違う

フレッツ光とドコモ光の違いを比較表で紹介します。

大まかに理解するところからから始めましょう。

フレッツ光とドコモ光の違いを比較表でまとめてみた

フレッツ光とドコモ光の違いを比較
  フレッツ光 ドコモ光
運営会社 NTT東日本
NTT西日本
NTTドコモ
光回線 NTT回線
回線速度 最大1GBps
一部エリアのみ最大10Gbps
平均速度(実測値) 240Mbps 235Mbps
契約期間 2年
契約事務手数料 880円 3,300円
工事費 一戸建て 19,800円 19,800円
無料キャンペーン中
マンション 16,500円 16,500円
無料キャンペーン中
月額料金 一戸建て 東日本:6,710円
西日本:5,940円
5,720円
  マンション 東日本:4,565円~5,390円
西日本:4,026円~5,236円
4,400円
スマホとのセット割引 なし あり
ひかり電話 月額550円

※フレッツ光の料金はプロバイダOCNにて算出しています。

光回線の速度や品質としての違いはありませんが、料金はフレッツ光の方が高いです。

それではフレッツ光とドコモ光の違いを1つ1つ解説していきます。

基本料金を比較!初期費用も毎月の費用もドコモ光がお得

まずは1番大事な料金面の違いから解説します。

フレッツ光だと2万円かかる工事費がドコモ光なら無料!

初めて光回線を契約する際には、光回線を自宅まで引き込む工事が必要となります。

フレッツ光もドコモ光も工事費は同額なのですが、ドコモ光は期間限定の工事費無料キャンペーンの真っ最中なのです。

キャンペーン終了日までに申し込みをすれば、ドコモ光は工事費なしで光回線が利用できます。

月額料金もドコモ光の方が安い

ドコモ光がお得なのは工事費だけではありません。

毎月の料金も500円~1,000円ほどフレッツ光よりも安くなります。

フレッツ光は選ぶプロバイダによって料金が上下するのですが、どのプロバイダを選んでもドコモ光の方が安くなる場合がほとんどです。

月額料金が極端に安い無名プロバイダはおすすめしません

フレッツ光は100社以上のプロバイダを選ぶことができます。

中には毎月の料金が極端に安いプロバイダもあるのですが、往々にして名前も聞いたことがない会社が運営していることが多いです。

インターネットをする上でプロバイダ選びは非常に重要で、速度や品質に大きく関わってきます。

サポートのしっかりしている名の通った会社から選ぶべきであり、そうなると必然的にドコモ光の方が安くなるのです。

ドコモ光もプロバイダを選べるが契約はドコモとだけ

ドコモ光もプロバイダを24社から選びます。

ただし、NTTとプロバイダと別々に契約をするフレッツ光とは違い、ドコモ光はあくまでも契約はドコモとだけです。

選べるプロバイダも24社と限定されていますので、迷うことがほとんどありません。

※この記事では、最新のおすすめプロバイダの料金やサービスを元にフレッツ光との違いを比較しています。

ドコモスマホとセット割引で毎月最大1,100円も安くなる

フレッツ光にはないドコモ光ならではのお得なサービスの1つがスマホとのセット割引です。

ドコモ光はドコモでスマホを契約している人であれば、プランに応じて毎月最大1,100円の割引が適用になります。

契約者本人だけではなく、同居する家族のスマホも全て割引の対象です。

4人家族や5人家族であれば、スマホの割引だけでドコモ光が実質無料になる場合もあります。

金額面でフレッツ光にメリットがあるのは契約料だけ

フレッツ光がドコモ光よりお得なのは契約料(880円)だけです。

ただし、工事費や月額料金の差額の方が大きいため、金額面でのトータルメリットが大きいのはドコモ光となります。

回線速度を比較!フレッツ光もドコモ光もIPv6対応で速い

光回線を使う上で料金と同じくらい大事なのがインターネットの回線速度です。

どれだけ安くてもネットが遅くては使い物になりません。

IPv6対応で回線速度は互角!どっちも速い

フレッツ光もドコモ光も話題のIPv6に対応している光回線です。

どちらも同じNTTの光回線を使用しているため最大速度は1Gbpsですし、実測値の平均速度も200Mbpsを超えているためほとんど同じといえます。

フレッツ光とドコモ光の回線速度を比較
フレッツ光 ドコモ光
240Mbps 235Mbps

情報参照元:みんなのネット回線速度

フレッツ光もドコモ光もインターネットが快適に使える速度が出ているので問題ありません。

ドコモ光は高性能な無線ルーターを無料でレンタル可能

いわゆるWi-Fiを使えるようにするには、無線ルーターを購入しないといけません。

ドコモ光であれば、高性能な無線ルーターを無料で借りることができます。

わざわざ高いお金を出して買う必要がないので、余計な出費を抑えることもできるのです。

無線ルーターで速度が変わる

性能の良い無線ルーターを使う方がインターネットは速くなります。快適なWi-Fiを使うためには、それなりの無線ルーターを用意しなくてはいけないのです。

ドコモ光でレンタルできる無線ルーターは定価1万円以上もする高性能な無線ルーターですので、速度には十分期待できます。

インターネットの速度に関しては、フレッツ光でもドコモ光でも大きな違いはありません。

ただし高性能な無線ルーターが無料でレンタルできる分、ドコモ光の方がメリットがあるといえます。

サポート力を比較!電話、遠隔、訪問サポート全て同じ

光回線を使い始めてから何かトラブルが起きてしまった場合に、しっかりとサポートをしてくれるのはどちらでしょうか。

結論として、フレッツ光もドコモ光もどちらもNTTが母体となっているので、サポート品質に違いはありません。

電話のつながりやすさ、オペレーターの対応品質に大差なし

フレッツ光とドコモ光の両方に電話をかけてみましたが、オペレーターにつながるまでの時間や対応品質に大きな違いはありませんでした。

平日や土日、時間帯によっても異なりますが、他の事業者よりも電話がすぐにつながります。

オペレーターに関しても当たり外れがあるとは思いますが、やはり他の事業者に比べても丁寧かつ知識も豊富な印象です。

リモートサポートはどちらも月額550円

電話や遠隔でのサポートが可能なリモートサポートサービスは、フレッツ光もドコモ光もどちらも月額550円です。

どちらも専門部署を設けており、リモートサポート専用のスタッフが丁寧かつわかりやすく対応してくれます。

電話や遠隔操作でのサポートで解決しない場合は、別途費用がかかりますが訪問によるサポートも可能です。

訪問サポートは外部のサポート業者に委託しています。

ドコモ光はショップがあるので対面で相談可能

フレッツ光は店舗を構えていませんが、ドコモ光にはドコモショップがあります。

ショップ店員はサポートスタッフではないので直接助けてくれることはありませんが、対面で話を聞いてもらえるだけでも心強いですよね。

結局はリモートサポートや訪問サポートにお願いすることにはなりますが、顔を見て相談ができるのはネット初心者にとって非常にありがたい存在になります。

ドコモ光なら初回の訪問サポートも無料なので安心して始められる

光回線は工事が終わったらルーターやパソコン、スマホの設定を行わないとインターネット(Wi-Fi)が使えません。

ドコモ光であれば初回の訪問サポートが無料になっていますので、ネット初心者の人でも安心して始めることができます。

キャンペーンを比較!キャッシュバックのあるドコモ光がお得

最後にフレッツ光とドコモ光のキャンペーンを比較した結果を解説します。

最大20,000円のキャッシュがもらえるドコモ光が圧倒的にお得です。

フレッツ光のキャンペーンは法人のみ!

フレッツ光でキャッシュなどのキャンペーンを行っているのは、全て法人を対象としています

昔のように家電量販店では取次ができなくなっていますし、NTTの代理店サイトも個人向けにはキャンペーンを行っていません。

キャッシュバックなどがあるのは個人事業主を含む法人向けとなっているため、個人の方は通常価格でしか契約ができないようです。

ドコモ光は最大20,000円のキャッシュバックがもらえる

ドコモ光であれば工事費が無料になるのはもちろんですが、最大20,000円のキャッシュがもらえるキャンペーンもあります。

無線ルーターを無料でレンタルできるのもキャンペーンの一種です。

ショップではなくWebサイトから申し込むことで、上記の特典を全て受けることができます。

以上の比較結果から、今から申し込むのであればフレッツ光よりもドコモ光がおすすめ、となるのです。

下方向への矢印

\1番人気の高品質な光回線/ドコモ光の公式サイト

>>ドコモ光の詳細・申し込みはこちら

 

フレッツ光からドコモ光へ乗り換えはとても簡単!工事なしでできる

少しでも通信費を節約したいのであれば、ドコモ光への乗り換えがおすすめです。

フレッツ光からドコモ光への乗り換えは「転用テンヨウ」という手続きになるため、工事することなく非常に簡単にできます。

フレッツ光からドコモ光へ乗り換えることを転用といいます

フレッツ光からドコモ光へ乗り換えることを「転用テンヨウ」といいます。

同じNTTの光回線を使っているため、乗り換えにはなるものの工事をしなおす必要がないのです。

転用とは?

フレッツ光からドコモ光やソフトバンク光などのコラボ光へ乗り換えること。工事をする必要がない。

固定電話(ひかり電話)を使っている場合、電話番号そのままで乗り換えることができる。

なお、更新期間でなくともフレッツ光の違約金がかかることはない。

工事不要、1週間後に自動的に切り替えが完了!ネットが使えない期間はありません

Webから申込みをして電話で確認をしたら、わずか1週間程度でドコモ光に切り替わっています。

工事をしないので切り替わっていることにすら気づかないですし、インターネットが使えなくなる期間もありません。

元々使っているNTTの機器もそのまま使うので、面倒な手間もほとんどなく乗り換えることができるのです。

ルーターの設定を変更するだけ!訪問設定サポートも無料です

ただし、フレッツ光にてIPv6を使っていない場合はルーターの設定を変更しなくてはいけません。

おそらく多くの方が「IPv6ってなに?」という状況だと思いますが、安心してください。

専門のスタッフが無料でご自宅まで伺い、ルーターの設定を行ってくれます。

希望があれば最新の無線ルーターに無料で交換もしてくれるので、ドコモ光に乗り換えるついでにWi-Fiもパワーアップさせることができるのです。

管理人

ルーターは長く使うと性能が劣化していきますので、5年に1度くらいは交換したほうが良いです。

フレッツ光からドコモ光へ乗り換えたら何が変わる?デメリットは?

フレッツ光からドコモ光へ乗り換えることで日常的に変わることがあるといえば、問い合わせ先が変わることくらいです。

今後はNTTではなく、ドコモへ連絡するようになります。

問い合わせ先がNTTからドコモに変わるだけ

フレッツ光の問い合わせ先はNTTです。

ドコモ光の問い合わせ先はNTTドコモになります。

この問い合わせ先がNTTからドコモに変わるという点が、日常的な変更点として1番大きいのではないでしょうか。

固定電話を使っている人は、電話のトラブルもドコモに問い合わせることになります。

固定電話(ひかり電話)の電話番号もそのまま乗り換え可能

フレッツ光からドコモ光に乗り換えても、電話番号は変わりません。

固定電話を使っている人は年々減ってはいるものの、なくなったら困るという人は少なくないでしょう。

今まで使っていた電話番号そのままでドコモ光に乗り換えることができるので、安心してください。

引き落としもNTTファイナンスが継続(変わらない)

フレッツ光を利用している人は毎月の料金をNTTファイナンスからの自動引き落としになっているはずです。

ドコモ光に乗り換えても、引き落とし口座の切り替えは必要ありません。

引き続き同じ口座から料金が引き落とされるので、切り替え手続きは不要です。

フレッツ光の違約金はかからない

フレッツ光からドコモ光へ乗り換えたとしても、フレッツ光の違約金はかかりません

「2年割」などの長期利用による割引を適用させている人も、ドコモ光への乗り換えであれば違約金は0円です。

プロバイダが変わる可能性がある

ただし、ドコモ光へ乗り換えると同時にプロバイダを変更する場合は、プロバイダの違約金が5,000円前後かかるかもしれません。

今使っているプロバイダそのままでドコモ光へ乗り換えることもできますが、ほとんどの人がドコモ光乗り換えを機にプロバイダを変更しています

ドコモ光乗り換えを機にプロバイダを変えた方がお得になる

ドコモ光へ乗り換えるのであれば、プロバイダを変えた方がお得になります。

お得になる理由は2つで、1つは無線ルーター、もう1つはキャッシュバックです。

ドコモ光で1番性能の良い無線ルーターを無料でレンタルしているプロバイダはGMOとくとくBBになります。

また、最大20,000円のキャッシュバックがもらえるのもGMOとくとくBBです。

今使っているプロバイダのままドコモ光へ乗り換えると、この無線ルーターとキャッシュバックの両方がもらえません。

5,000円前後の違約金がかかってしまうかもしれませんが、ドコモ光乗り換えを機にプロバイダも変更したほうがお得になります。

キャッシュバックで違約金はペイできますし、無線ルーターを買い換えることを考えればプロバイダを変更した方が圧倒的にお得です。

ドコモ光に乗り換えればプロバイダの変更が自由にできる

フレッツ光の場合はプロバイダを変更すると違約金がかかりますが、ドコモ光はプロバイダを変更しても違約金がかかりません。

もしもドコモ光利用中にプロバイダに不満を感じたら、電話1本でいつでも気兼ねなく変更できます。

GMOとくとくBBから別のプロバイダへ変更する人はほとんどいませんが、いざというときのために覚えておくと良いでしょう。

フレッツ光からドコモ光へ乗り換える手順と方法を解説

フレッツ光からドコモ光への乗り換え手続きは、最短1時間程度で終わります。

具体的に何を行えばいいのか、乗り換え手続きの手順と方法は以下を参考にしてください。


  • ドコモ光を申し込む

    GMOとくとくBBのキャンペーンサイトで、氏名と住所などの情報を入力します。

    この時点では仮申込となるので安心してください。


  • NTTにて転用承諾番号を発行する

    NTTの転用専用窓口に電話をかけて、転用承諾番号を発行しましょう。

    契約者の氏名や住所、支払い方法などの確認が取れれば即時発行できます。

  • 申込内容の確認(折返し連絡)

    指定した日時にGMOとくとくBBから確認の電話がかかってきます。

    ドコモ光へ乗り換えるにあたっての注意点を口頭にて説明してくれますので、不安が残る人は相談すると良いでしょう。


  • 開通予定日の書類が届く

    ドコモ及びGMOとくとくBBから契約書が届きますので、大切に保管しておいてください。

    合わせて開通予定日(ドコモ光に切り替わる日)が記載された書類も届きます。

  • 無線ルーターを申し込む

    無線ルーターをレンタルしたい人は、開通予定日よりも前に申し込みましょう。

    訪問サポートが必要な人も合わせて手続きをしておいてください。

  • ルーターの設定を変更する

    開通予定日になったらルーターを取り替えて設定を変更しましょう。

    数日間は切り替えの猶予がありますので、慌てる必要はありません。

  • キャッシュバックの申請を行う

    ドコモ光に切り替わった月を1ヶ月目とした4ヶ月目末からキャッシュバックの申請が可能になります。

    申請手続きを済ませた翌月末に指定した口座へキャッシュバックが振り込まれます。


ドコモ光申し込み後の折返し連絡が入る前に、NTTにて転用承諾番号を発行しておくとスムーズに話が進みます。

転用承諾番号は5分~10分程度で発行できますし、(3~4日程度であれば)ドコモ光申し込み前に発行しておいても問題ありません。

よくわからないと不安な人は、先にドコモ光を申し込んでおいて、折返し連絡の際にオペレーターへ相談してもいいでしょう。

下方向への矢印

\1番人気の高品質な光回線/ドコモ光の公式サイト

>>ドコモ光の詳細・申し込みはこちら

ドコモ光はWebから申し込むのが手間なく簡単!キャッシュバックももらえる

ドコモ光はドコモショップからでも申し込みできます。

ですが、おすすめは断然Web申し込みです。

Web申し込みであれば24時間365日いつでも可能ですし、何よりキャッシュバックが最大20,000円ももらえます。

ドコモショップだと事前に来店予約をしなくてはいけませんし、お店によってはキャッシュバックが1円ももらえません

わざわざお店まで足を運ばないといけないにも関わらず、損をすることになるのでWebから申し込むことをおすすめします。

転用承諾番号とはドコモ光に伝える認証コードのようなもの

フレッツ光からドコモ光に乗り換えるにあたって必要となるのが転用承諾番号です。

転用承諾番号とは認証コードのようなものでして、NTTに発行してもらう必要があります。

電話で5~10分程度で発行してくれますので、忘れずにメモを取っておきましょう。

なお、もし忘れてしまったとしても何回でも無料で再発行が可能ですので安心してください。

転用承諾番号 専用窓口

※有効期限は発行日から15日間ですので、ドコモ光申し込み前後に発行しましょう。

GMOとくとくBBなら高速無線ルーターが無料で借りれる

GMOとくとくBBなら買うと1万円以上もする高性能な無線ルーターを無料で借りることができます。

他のプロバイダであっても無線ルーターの貸し出しを行っていますが、性能面でずば抜けているのがGMOとくとくBBです。

そのため、平均速度でも他のプロバイダを圧倒しています。

ドコモ光プロバイダの速度比較
プロバイダ 下り速度 上り速度
GMOとくとくBB 282.76Mbps 197.2Mbps
ドコモnet 254.27Mbps 207.49Mbps
ASAHIネット 249.13Mbps 203.84Mbps
OCN 237.89Mbps 173.6Mbps
BIGLOBE 235.84Mbps 176.63Mbps

情報参照元:みんなのネット回線速度

せっかくドコモ光へ乗り換えるのであれば、より快適な速度が出るプロバイダを選びたいですよね。

設定が不安なら無料の訪問サポートをお願いしましょう

ドコモ光に切り替わった際にルーターの設定だけ変更が必要です。

説明書が同梱されていますが、ネット初心者の人だと「読んでもわからない」となるかもしれません。

GMOとくとくBBであれば初回の訪問設定サポートも無料で対応していますので、不安な人は事前にお願いしておくといいでしょう。

キャッシュバックの申請は切り替え4ヶ月後に行います

最大20,000円のキャッシュバックがもらえるGMOとくとくBBですが、申請の手続きだけは別途必要になります。

ドコモ光に切り替わった月を1ヶ月目とした4ヶ月目末に申請用のメールが届きますので、手順に沿って手続きを行ってください。

手続きが完了した翌月末に指定した口座にキャッシュバックが振り込まれます。

手続きを忘れないために、カレンダーアプリなどにメモを残しておくといいですよ。

工事費無料キャンペーン中の今が大チャンス!

フレッツ光とドコモ光で迷っているのであれば、工事費が無料になるキャンペーン中のドコモ光がおすすめです。

ドコモ光は信頼感の高さから今1番選ばれている光回線で、ドコモユーザー以外にも人気があります。

工事費が無料になるだけでなく、高性能な無線ルーターが無料で借りれたり、最大20,000円のキャッシュバックがもらえたりとお得だらけの光回線なのです。

ドコモユーザーであればセット割引でスマホ代金も安くなりますし、支払いも1つにまとめることができます。

初回の訪問サポートも無料になりますので、ネット初心者の人にもぴったりの光回線です。

ドコモ光(GMOとくとくBB)の商品詳細

ドコモ光(GMOとくとくBB)の料金詳細
  一戸建て マンション
契約期間 2年
事務手数料 3,300円
工事費 2,200円/19,800円
無料キャンペーン中
2,200円/16,500円
無料キャンペーン中
月額料金 5,720円 4,400円
ひかり電話 月額550円
特典 無線ルーター永年無料
訪問サポート1回無料
セキュリティソフト12ヶ月無料
キャッシュバック 最大20,000円
違約金
(更新期間以外の解約)
14,300円 8,800円

ドコモ光はこんな人におすすめ

ネットチョイス管理人

ドコモ光で高性能なWi-Fi環境を手に入れよう

管理人のおすすめ度

オンラインゲーム、ZOOM、動画配信といった重たい作業を頻繁に行う方や、家族みんなでWi-Fiを使うことが多い方におすすめの光回線となります。

下方向への矢印

\1番人気の高品質な光回線/ドコモ光の公式サイト

>>ドコモ光の詳細・申し込みはこちら

※本記事の内容には細心の注意を払っておりますが、情報の正確性や安全性を保証しているわけではございません。
※通信速度や電波感度に関しては当サイトの検証結果にもとづく所感であり、一定の効果を保証しているわけではございません。
※ご不明点につきましては、各メーカーへお問い合わせ願います。
※インターネット回線をご契約の際には、各社ホームページの内容をご自身でご確認の上お申し込みください。

-比較
-, ,

Copyright © ネットチョイス , All Rights Reserved.